お知らせ

信州大学「第2回FDショートセミナー」開催のお知らせ

2011.04.22【FD・SD教職員

 信州大学では5月10日(火)、大学教員の専門能力向上のための研修として「第2回FDショートセミナー」を開催いたします。
 詳細は下記のとおりです。多くのご参加をお待ちしております。

                                              記

◇目 的:本年度第2回のFDショートセミナーでは、大学生の意識の中に混在する『生徒』と『学生』という感覚に
      ついて考えます。
      4月4日に開催した第1回FDショートセミナー/新学期スタートアップセミナー(第22回『K3茶論』)にお
      いて、新入生の中には「自分がまだ『生徒』である」という意識があり、それだけではなく教員の側にも
      「彼らは『生徒』」という態度がある点に触れ、「大学生は『生徒』ではなく『学生』である」ことを両者がも
      っと意識すべきではないか、という指摘がありました。
      本セミナーでは、上記のような点について、「大学生が『生徒』から『学生』に移行する際に、教員はど
      のような接し方をすればよいのか」という点について、参加者のみなさんと一緒に考えていきたいと
      思います。

◇期 日:平成23年5月10日(火)16時30分~18時00分

◇場 所:信州大学松本キャンパス 全学教育機構北校舎211番演習室、
          その他、信州大学内の各キャンパスのSUNS教室(会議室)、
      高等教育コンソーシアム信州加盟各大学遠隔会場

◇対象者:信州大学教職員および県内大学教職員

◇テーマ:『生徒』から『学生』への移行を考える

◇内 容:「『生徒』と『学生』の違いは?」、「『生徒』から『学生』への移行に際して、
      教員には何ができるか?/何をすべきか?」その他

◇形  式:導入レクチャー + ワークショップ

◇ファシリテーター:松岡幸司(信州大学全学教育機構准教授・高等教育研究センター兼務)

※受信希望の高等教育コンソーシアム信州加盟大学は、5月6日(金)までに高等教育コンソーシアム信州
事務局へご連絡ください。
※第1回FDショートセミナーのコンテンツは、「高等教育コンソーシアム信州」のウェブサイトに「第22回『K3
茶論』」としてアップされています。⇒こちら

ページ先頭へ戻る
TEL 0263-37-2427 FAX 0263-36-3044 MAIL