お知らせ

第27回『K³茶論』が開催されました。

2012.01.18【K3茶論一般 大学生 高校生 教職員

 1月17日(火)16時30分より、第27回「K3茶論(ケイ・スリー・サロン)」が開催されました。
 滝沢正臣先生(信州大学医学部附属病院特任研究員)を講師にお招きし、「遠隔医療とはなにか、次世代の医療となりうるか?-信州大学病院での先進事例の紹介-」についてお話いただきました。
 今回は、信州大学医学部附属病院 総合遠隔診療室をメイン会場に開催され、信州大学松本キャンパス、長野県看護大学、佐久大学、諏訪東京理科大学、松本歯科大学へ配信されました。

 今回の「K3茶論」を通じて、県内の医療ネットワークとの接続への実現性が増し、さらなる発展の可能性が見えてきました。高等教育コンソーシアム信州では、今回の続きをまた滝沢先生からお話いただく予定です!


講師の信州大学医学部附属病院 滝沢特任研究員
salon120117-1.JPG

配信会場の信州大学医学部附属病院 総合遠隔診療室の様子
salon120117-2.JPG

受信会場の一つ、信州大学松本キャンパス会場の様子
salon120117-3.JPG
ページ先頭へ戻る
TEL 0263-37-2427 FAX 0263-36-3044 MAIL