各大学所在地

長野県看護大学

長野県看護大学

可能性が最大限に開花しグローバルな視野を持つ看護職者の育成を目指して
本学は、「学生個々人のもつ可能性が最大限に開花することを目指し、自立性、主体性を育み、人々への配慮が自然にできる豊かな人間性と幅広い視野を養うこと」を教育理念に掲げて、公立看護系大学の草分けとして1995年(平成7年)4月に全国で3番目に開学しました。その後、1999年に大学院看護学研究科博士前期課程、2001年には博士後期課程を開設しました。2018年4月1日現在、学部卒業生1,704名と大学院修了生174名(博士前期課程154名、博士後期課程20名)が県内外で活躍しています。
第4次産業革命や技術的特異点(Singularity)の到来等激変する社会において、本学の学章が鼓舞するように、大海原や天空を飛翔する水鳥の如く、グローバル(多様)な視野を持ち、人々に寄り添い、物事の本質を見極める判断力を持ち、チャレンジ精神に溢れこころざしの高い人材(Choice Spirits)の育成、すなわち、「グローバル(Global)」と「チャレンジ(Challenge)」と「ケア力(Caring)」と「知性(Wisdom)」の4つを行動目標とした看護教育と大学運営を推進しています。加えて、2018年度から始まった県の「しあわせ信州創造プラン2.0 ~学びと自治の力で拓く新時代~」(2018年度~2022年度)について、保健医療面から積極的に取り組みたいと考えています。
 本学独自の里山看護学や最先端遠隔ケアシステム「サラス」、国際学術交流の推進・発信等を通して、オリジナリティとブランド力を高め、国内外から人々を引き寄せる看護学のマグネット・カレッジ(Magnet College)を目指して、個性豊かで魅力あふれる大学づくりに取り組んでいます。

学長挨拶

学長 北山秋雄

本学は、「高等教育コンソーシアム信州」の設立初年度から参画し、学生の教育はもとより教員間の交流や研修を通して、県内の他大学との連携を推進してきました。
今後、新たな課題に取り組みながら、当該組織のより一層の発展に寄与したいと存じます。

〒399-4117 長野県駒ケ根市赤穂1694
TEL.0265-81-5100(代表) http://www.nagano-nurs.ac.jp/
ページ先頭へ戻る
TEL 0263-37-2427 FAX 0263-36-3044 MAIL