Q&A

信州大学

信州大学

信州大学は、昭和24年に長野県内の旧制高等学校や高等専門学校、師範学校など7校を前身として新制の国立大学として発足し、現在の8学部、6大学院研究科を有する総合大学へと発展してきました。
現在教員数約1,100人、在学生約11,000人が松本、長野、上田、伊那の4地域5キャンパスで多様な教育研究を推進しています。 発足以来、地域に立脚した総合大学として幅広い分野に多くの人材を輩出するとともに、地域社会や産業界と連動した活動を積極的に展開し、特色ある分野で先鋭的な教育研究を行い、「最も学んでみたい大学」を目指します。

本学は長野県出身の学生の割合が約25%で、7割以上を県外出身者が占めています。北海道から沖縄まで全国から新しい価値観や異なる視点を持つ学生が集うことで「異文化交流」が生まれ、キャンパスは「多様性」が育まれる場となっています。

学長挨拶

 信州大学は、特色ある教育研究のグローバル展開、創造性豊かな人材育成、地域・社会発展への寄与を持続的・戦略的に行うため、3つの「G」(Green、Global、Gentle)と3つの「L」(Local、Literacy、Linkage)を旗印に、大学運営を行っています。高等教育コンソーシアム信州に属する大学の皆様と長野県の大学における取組を積極的に県内外へ発信し、一人でも多くの皆様が「長野県の大学で学んでみたい」と思うように取り組んでいきます。

〒390-8621長野県松本市旭3-1-1
TEL.0263-35-4600(代表) http://www.shinshu-u.ac.jp/
ページ先頭へ戻る
TEL 0263-37-2427 FAX 0263-36-3044 MAIL